スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
材料はどうするのか? 国内調達の部品編
- 2011/06/14(Tue) -


こんなフニャフニャなのでもいんですねぇ、、
何なんでしょう、エラストマー?


あ、さてー、 引き続き国内調達の部材について書きたいと思います。

次はサイドウォール、スペーサーについてです。

サイドウォールの素材としては硬質ABS樹脂というのが一般的みたいです。
僕はSnowboardmaterials.comで購入したテーパー付きのタイプを使用しました。

国内でABS樹脂の角材を入手するのはなかなか難しいので、
今後も調査が必要です。
会社の出入り業者さんで、樹脂素材の専門商社に聞いてみたのですが、
なかなか難しいと返事が来ました。
引き抜き材であるというところが問題の根源のようですね、、
 
僕は白いサイドウォールを使いたかったのですが、これがなかなか見つからないのです。ホントに、、
スノーボードビルダーさんたちは代替素材の板材を買って切り出したりしています。

というわけで、サイドウォールの件についてはただいま研究中ということでご勘弁くださいww
ただ、コレは使えるんでは?というものもありますので研究成果はいずれご報告したいと思います。


スペーサーについては僕は海外通販で購入しましたが、こちらでも入手できるみたいです。

はざいや

ノーズ&テールに使うんですが、切り方によっては
かなり余剰分がもったいない使い方になってしまうので、うまいこと使う術を考えねばいけませんね、、

ノーズ&テール部分のコア材は基本的に2mm厚まで薄くしますが、
エッジ際の部分にこのスペーサーを使います。

また、ノーズを異常に尖らせたい!とか、
テールの造形をスワローテールにしたい!とかいった場合は
スペーサーを任意の造形に切り出せるような大きさで配置します。

というわけで皆様に「こうだ!」とはっきり言えないグダグダなかんじではございますが
サイドウォール&スペーサー編は以上ということでwww

また次回詳しくお伝えできればと思います。




スポンサーサイト
この記事のURL | 材料 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スノーボード製作のための機材 | メイン | 材料はどうするのか? 国内調達の部品編>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nspmfg.blog81.fc2.com/tb.php/22-8d73f146
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。