スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
材料はどうするのか? 海外調達の部品編 その2
- 2011/06/05(Sun) -
完全に海外からの輸入に頼るしかない

「ソール」
「インサートホール」

については前回述べたとおり。

次は輸入か、なんとかがんばれば国内調達も可能という部材について述べます。

VDS (Vibration dampening foil)
またはアスナーシート
 異なる素材どうしを接着するために使用したり、振動を吸収する目的で、おもにエッジ付近に
使用します。
こちらの素材はSnowboardmaterials.comでは
$2/1mということで、それほど高価な素材ではないですし、たくさん使うわけではないので、
ソールとかといっしょに買ってしまって問題ないです。
国内で生産している企業はアスク工業様  さまざまなサイズが存在するようです。
国内で聞いたことのあるスキー・スノーボード生産工場で使われているのは同社の製品と思われます。

お次はスチールエッヂです。
Snowboardmaterials.comではソール厚t1.2mm用
のエッヂですが、skibuilders.com
ではソール厚t1.3mm用となっています。
調達するソール厚にあわせるのがベストです。
国内で用意する場合は新潟県の打江製作所というところで製造されています。
私はこちらから購入したことがないのですが、お願いすればイケルかも?
よって価格は不明です。
海外から送られてくる際には丸められているので送料はそれほどでもないと思いますので、
こちらもソール素材と同時に購入して構わないと思います。
※かなりバネ性の強い素材なので、開梱時にはねて目などに当たらないように注意が必要です!超キケン!

エッジのお取り扱いは慎重に! 曲げも一筋縄ではいかないです!
治具をつくって安全に配慮しながらの作業が肝心です。かならず防護メガネを着用のこと








スポンサーサイト
この記事のURL | 手作りスノーボード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<材料はどうするのか? 海外調達の部品編 その3 | メイン | 材料はどうするのか? 海外調達の部品編>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nspmfg.blog81.fc2.com/tb.php/11-a3d53368
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。