スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
王滝への道2015春その4
- 2015/05/12(Tue) -


ホームセンターでポプラ材のサブロク板を1300mmでカットしてもらいました。

当初は左右で2枚仕様にするつもりでしたが、
運転席側のスペースがとりづらいことがわかり
助手席側をメインに考えて1枚仕様です。

怪我の功名か? 右側の隙間にホイールが収まるようになりますw



これでゆっくり寝られる。
ちなみに私の身長は177cmですが、
頭とリアハッチとのクリアランスは
少ないですが全然気にならないレベル



早速、MTBを乗っけてみました。
う~ん、イイ感じじゃないですか。

固定の仕方を考えておかねば。



ちなみにへらぶな仕様


今日はここまで。
スポンサーサイト
この記事のURL | MTB | CM(0) | TB(0) | ▲ top
王滝への道2015春その3
- 2015/05/10(Sun) -


だんだんカタチになりつつも、
助手席側のスペースをどうしようか悩む。

荷重がかかってもしっかり支える足が
ほしいが、普段は助手席を普通に使いたいので、折りたたみ式を構想したり
したのだが、、




「足、いらないんじゃない?」

という奥様のひと言で足無しを決意。



たしかに、助手席を畳んだ状態とフラットのラインには隙間ができるのですが、
荷物やらクッションでもはさんでおけばいいことに気がつきました。

どうせ横になるときは足を投げ出すだけでたいした荷重はかからないですからね。



最後にカーペットタイルを敷いて完成。

試しに寝ころがってみましたが、
何ら問題は無い。

まだ接着してないので少しユラユラしますが、、


というわけで今日はここまで。
この記事のURL | MTB | CM(0) | TB(0) | ▲ top
王滝への道2015春その2
- 2015/05/04(Mon) -



パレットの座席をフラットにすると、長い荷物は乗るようになるのだが、
人が寝るとなると大きな問題があることが前回わかった。

フロントからリアにかけて緩やかに傾斜しているのだ。

イレクターパイプを使って傾斜を直し、さらに下側の空間を有効に活用したいと考える次第。

ここまで組んでだいたいの見当はついた。
この記事のURL | MTB | CM(0) | TB(0) | ▲ top
王滝への道2015春その1
- 2015/04/18(Sat) -
5年ぶりに思い立ってSDA王滝にエントリー

その間2回も引越しをしたため、いろいろと装備があちらこちらに散らばってしまっているので、まずはそれを集めて点検。

結婚してクルマも変わった。

スズキのパレットにMTBを載せて
さらに、車泊出来るか?

というのが目下の課題。

今日はシートアレンジと車体を載せる研究。

最近の軽は広くなったなぁ


まずはシートをフラットにして、前後ホイールが付いたままで逆さまに載せてみる。

載った。

タイダウンしてこのままでもイケる?



次に、前後ホイールを外して載せる。

まぁこれが一番現実味があるかな?

これなら助手席も普通に使える。

この記事のURL | MTB | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。